Kazuyaのディストーション日記 TOP  >  2010年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Pennsylvania,USA 1989

A5655_I1.jpg

Vocal : Ozzy Osbourne
Guitar: Zakk Wylde
Bass : Geezer Butler
Drums : Rundy Castillo

曲目はオープニングからエンディングを入れると
18曲にもなるので省きますw

1989年と言う事で皆若い

オジーは今は薬なんてやってませんよ、と言わんばかりのムチムチな健康体をさらけ出し

逆にザックはスマートなイケメンで(そうだよね、ザックってこうだったw)
動きもスムーズで、とにかくギターは凄まじいし
ギターヒーロー的資質満載

盟友ギーザーバトラーもノリノリで良いベースを響かせてます
ホント存在感が違うモンね
フレーズのカッコ良さは勿論、
ギターリフ、いや曲全体、いやいやバンド自体を支えてる
スーパーベーシストだね

そして、今は亡きなんでしょうか?
詳しい事は分かりませんが名前ランディカスティロの前に「故」と書いてある
記事を発見したんだけど・・・
いやぁもう巧いとか下手とか、そんなんじゃなくてパフォーマンスにしびれます
あのバイタリティはステージの1番後ろに居ても自然と目がいきますよ

これも満足の一枚だね

そうそう、
途中でオジーの子供が3人ステージに登場するんだけど
あれは末っ子かなぁ・・・
ずっと両耳を押さえてるのには笑ったw


sakk


スポンサーサイト
[ 2010/10/28 17:15 ] DVD | TB(0) | CM(6)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。